greenjam

▼さらに詳しく…

ホーム >Green jam >庭園

庭園

広さ、形、周りの環境、さまざまな条件の中で、その空間にあった、
”オリジナル”、”くつろぎ”、”癒し”の空間をご提案いたします。

image_illust

  私達の特徴

1.雑草抑制の向上

植物同士の間隙干渉効果を利用し雑草の発生を抑制されます。
そのため従来の維持管理(除草・防虫作業等)が削減され、
コストの低減になります。(従来の6~8程度省けます。)

2.土壌浸食の防止

春夏秋、植栽が地表面を覆うことによって風雨等による
土壌の侵食が防止されます。

3.生態系全体の抑制

植物を混入する事で、植物同士が互いにバランスを取る間隙干渉効果
により、土壌を良好な状態に保持する事ができます。
病害虫に発生率も低下し、農薬の散布もほとんど不要になります。

4.草木の景観形成

地被類と球根・宿根・潅木等高さ50cm前後の花を混植事により、草花
の景観が形成され、ゴミの不法投棄の低減や、人に優しい空間演出で
目に見えない心理効果も期待できます。

5.施工の地域性

生態データを基に、気象条件。立地条件等への制限なく対応が可能な
ため、様々な地域において施工可能できます。

メンテナンス メンテナンスの縮減をご提案すると共に、設計、施工、メンテナンスを
全て私達が行うため”安心”、”安価”をご提案致します。
天然素材 ミックスフラワー(四季を楽しめる花)、地方各地の天然素材(間伐材、枕木など)
を活用し、環境に優しく、くつろぎと癒しの空間をご提案致します。
オリジナル RC工法、複層ボーダー工法、天然素材活用などさまざまな工法、経験を
組み合わせる事により、世界に一つだけのオリジナルの庭園をご提案致します。

dot

 複層ボーダー植栽

宿根草をベースにした農薬を極力使わず、 雑草を制御する自然に優しい植栽法です。

四季、彩る花壇

植物の生態観察データを基に、3シーズン順次花が咲くよう、組み合わせる植物を選定します。
緑の中に、何かしら花があるような草原のイメージで展開する花壇です。

image_illust

3つの演出法

説明

  施工事例

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

キャラクター

dot

  お問い合わせ、ご相談、ご質問など、お気軽にお尋ねください

TEL:03-5317-2866
E-mail:東京オフィス kantou@cc-greenjam.com  大阪オフィス kansai@cc-greenjam.com


園庭環境づくりRC抗菌性樹皮繊維工法グリーンジャム木質製品団体概要ニュースお問い合わせサイトマップ

Copyright (C) 2010 関東CC環境協会. All Rights Reserved.